🕎 63」64」─1─中南米諸国によるスペイン国王とローマ教皇に対する謝罪要求。メキシコ。~No.146No.147No.148No.149 ・ ⑥

   ・   ・   ・   
 プロフィールに、6つのブログを立ち上げる。↗
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・   

 中世のスペイン、ポルトガルキリスト教会、イエズス会などの修道会は、世界中を侵略し、占領し、滅ぼし、植民地とし、奴隷とし、キリスト教徒とした。

 日本もその被害を受けていた。

 中世キリスト教会と白人キリスト教徒商人は、アフリカ人と日本人を奴隷として売買していた。

   ・   ・   ・   

 2019年3月26日 msnニュース 時事通信社「スペイン国王と法王は謝罪を=侵略500年でメキシコ大統領
 © 時事通信社 メキシコのロペスオブラドール大統領=11日、メキシコ市(AFP時事)
 【サンパウロ時事】メキシコの左派ロペスオブラドール大統領は25日、旧宗主国スペインの国王フェリペ6世とフランシスコ・ローマ法王に対し、3世紀にわたった植民地時代の人権侵害を謝罪するよう求めたことを明らかにした。今年は1519年にエルナン・コルテス率いるスペイン人が侵略を開始して500年。
 ロペスオブラドール氏は、南部コマルカルコのマヤ遺跡から発信した動画で「スペイン国王とローマ法王に書簡を送り、先住民に対し、現在で言うところの人権を侵害したことを謝罪するよう求めた」と強調。「かつて虐殺や強要、剣と十字架による征服があった。彼らは(先住民の)神殿の上に教会を築いた」などと当時のスペイン人を非難した。」 
   ・   ・   ・