🐉93』─3─AIIB開業4年 加盟100カ国超え 影響力拡大には人材不足の指摘も〜No.300No.301  

   ・   ・   ・  
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・   
 2020年1月16日15:00 産経新聞「AIIB開業4年 加盟100カ国超え 影響力拡大には人材不足の指摘も
 【北京=三塚聖平】中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)が16日に開業から4年を迎えた。設立時に57カ国だった加盟国は100カ国・地域を突破。昨年には年次総会を欧州で初開催するなど、アジア以外の地域にも存在感を広げる。中国の巨大経済圏構想「一帯一路」を資金面で支えることが期待されているが、人材不足が指摘されるなどさらなる影響力拡大には課題もある。
 AIIBの金立群(きんりつぐん)総裁は13日に香港で行われた金融フォーラムで、加盟承認数が102カ国・地域になったと強調した。香港紙によると、金氏は「AIIBは責任ある組織として、環境保護や気候変動などに大きな関心を持っている」と意欲を示した。
 昨年7月にはルクセンブルクでアジア以外では初となる年次総会を開催。2019年に新規加盟が承認された国もアフリカのギニアチュニジア、南米のウルグアイなどアジア域外の国々が目立つ。ただ、中国の議決権比率は今も25%を超え、事実上の拒否権を持つ構図は変わらない。
 AIIBのホームページによると、累計投資額は約120億ドル(約1兆3200億円)だが、中身を見ると、世界銀行アジア開発銀行(ADB)などとの協調融資が目立つ。北京のエコノミストは「AIIB単独でプロジェクトを進められるような専門人材がまだ十分に集まっていないようだ」と指摘する。
 人材強化は急務とみられ、香港の米系金融機関出身者を多数採用したという話も伝わる。昨年10月には助言機関の「国際諮問委員会」に、国際通貨基金IMF)で副専務理事を務めた加藤隆俊元財務官が加わったと発表。日本の金融専門家を引き込む動きが活発になる可能性もある。
 金総裁は昨年5月の来日時に日本記者クラブで開いた記者会見で、日本の金融機関との提携にも積極姿勢を見せた。日本の金融機関について「アジアのインフラ整備に関する投資で幅広い経験を持つ」と述べ、日本の商業銀行やADB、国際協力銀行JBIC)、国際協力機構(JICA)といった具体名も挙げた。
   ・   ・   ・   
 1月16日16:24 産経新聞「国連報道官、中国人権「何度も提起」 批判受け釈明
 国連のグテレス事務総長(共同)
 国連のドゥジャリク事務総長報道官は15日の定例会見で、中国の人権政策を公然と非難しないグテレス国連事務総長の姿勢を国際人権団体代表が批判したことを受け「グテレス氏は昨年、新疆ウイグル自治区の問題も含め、中国当局者との間で何度も問題を提起した」と釈明した。
 ヒューマン・ライツ・ウオッチのロス代表は14日記者会見し、グテレス氏に対し「中国にイスラム教徒(のウイグル族)拘束をやめるよう表立って要求せず、巨大経済圏構想『一帯一路』を称賛している」と批判。人権侵害国のうち中国だけを例外扱いする「二重基準」をやめるよう訴えた。
 これに対しドゥジャリク氏は、グテレス氏が中国に関して「中国の統一性の尊重、テロへの非難、テロとの戦いにおける人権の尊重」を重視していると説明した。(共同)」
   ・   ・   ・   

🐉121』─7─中国、新型駆逐艦就役 1万トン級「南昌」、青島。〜No.398No.399 

  ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・   
 2020年1月12日 産経新聞「中国、新型駆逐艦就役 1万トン級「南昌」、青島 中国海軍の新型駆逐艦「南昌」=12日、中国山東省青島(新華社=共同)
 中国海軍は12日、1万トン級の新型駆逐艦「055型」の「南昌」の就役式を山東省青島の軍港で開いた。中国国営中央テレビが伝えた。
 南昌は昨年4月、海軍創設70周年を記念した国際観艦式で初公開されていた。中央テレビによると、055型は中国が開発した新型の駆逐艦で、ミサイル垂直発射装置を搭載している。
 南昌の周明輝艦長は「新型の設備を備え、高い防空迎撃と海上攻撃の能力を有している」と強調した。(共同)」
   ・   ・   ・   
 1月12日12:34 産経新聞尖閣周辺に中国船 12日連続
 尖閣諸島沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で12日、中国海警局の船1隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは12日連続。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、領海に近づかないよう巡視船が警告した。   ・   ・   ・    

🐉目次1』ー四・Aーチャイナの虐殺。中国共産党による残虐。中国人の地獄。始めに。~No.1 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
 中華の歴史、中国の歴史は、戦争・戦乱のない平和な時代は2~3割で、残りは殺し合い奪い合う地獄の様な悲惨な時代である。
 中華世界・中国世界とは、実力主義能力主義の社会で、自己責任による自助努力・自力救済が大原則であった。
 中華人・中国人の生き方は、他人より自分で、利他ではなく利己であった。
   ・   ・   ・   
 中華世界に於いて、観念的知識としての「徳」はあっても、現実的教養としての「徳」はない。
 徳は、科挙に合格するに覚えるべき語彙であって、実社会で実践する徳目ではなかった。
 中国の歴史に於いて、人権、道徳、人道、人倫、倫理、そして命さえ価値はなかった。
   ・   ・   ・   
 中華文明には、好戦的な黄河流域の黄河文明と平和的な揚子江流域の長江文明があった。
 現代の中国は、黄河文明の流れを継承した漢族系中国人である。
   ・   ・   ・   
 農耕民族である漢族系中国人は、安定した平穏な生活を送っている時は温厚であったが、何らかの原因で餓え、餓死者がで始めると流民となって田畑や家屋を捨て逃げ出した。
 漢族系中国人流民は、イナゴ化して、食料のある豊かな土地に流れ込み、人数が少ないうちは借りてきた猫のように大人しいが、人数が多くなると豹変して横暴になり強欲になって地元住民から奪える物は全て奪い、奪う物がなくなったら別の豊かな土地へと移動していった。
 歴代王朝は、イナゴと化した大量の中国人流民によって滅亡した。
   ・   ・   ・   
 中国人移民は、静かな侵略者として、相手国の土地に入り込むや住み着いた土地を中国人の土地にするべく先住民を追い出した。
   ・   ・   ・   
2019-08-31
🐉2』─1─日本が辛亥革命震源地であった。中国の近代化は日本から始まった。~No.2No.3No.4   
2017-11-07
🐉3』─1─世界第一位の軍事力。役匪=国民党軍。赤匪=中国共産党軍。軍閥馬賊。匪賊。兵匪。海賊。1937年~No.5No.6・ @  
   ・   ・   ・   
2017-11-10
🐉4』5』─1─人類史上、中華儒教の中国世界は最も陰惨で残酷・虐殺が常態化した世界である。~No.7No.8No.9No.10 ・ @ 
   ・   ・   ・   
2017-11-11
🐉6』7』─1─ファシスト中国。複数の政権が乱立して内戦が続き、馬賊や匪賊が跋扈する無法地帯として、到る所で虐殺が行われていた。~No11No.12No.13No.14・ @
   ・   ・   ・   
2017-11-12
🐉8』9』10』─1─清国軍の虐殺。太平天国の乱。白蓮教の乱。捻軍の乱。回教の乱。屠城、万人抗、三光作戦。~No.15No.16No.17No.18No.19No.20・ @
   ・   ・   ・   
2019-06-03
🐉11』12』─1─中国の族誅。特定の一族・血族殲滅。三族/九族/十族皆殺し。〜No.21No.22No.23No.24 ・ 
   ・   ・   ・   
2017-11-23
🐉13』14』─1─中国にはナショナリズムがない。中国共産党の死と暴力の恐怖体制下では姿形も存在しない。~No.25No.26No.27No.28・  @
   ・   ・   ・   
2019-01-11
🐉15』─1─中国の阿鼻叫喚の内戦は阿片を売り武器を買って続けられていた。~No.29
No.30・ @ 
2017-12-28
🐉15』─2─古代から現代までそして未来にかけて、中国人秘密結社による女子供の誘拐と人身売買。買春とアヘン。~No.31No.32・ @ 
   ・   ・   ・   
2017-12-09
🐉16』17』18』─1─長春包囲戦と12万人の餓死。中国共産党と赤色大虐殺。~No.33No.34No.35No.36No.37No.38・ @ 
   ・   ・   ・   
2017-12-16
🐉19』20』21』─1─毛沢東思想。大躍進政策の餓死者1,700万人~5,000万人。1958年~No.39No.40No.41No.42No.43No.44・ @
   ・   ・   ・   
2017-12-17
🐉22』23』24』─1─文化大革命で2,000万人が虐殺された。中印国境戦争。毛沢東周恩来の死亡。中国共産党の核拡散戦略。~No.45No.46No.47No.48No.49No.50 ・ @
   ・   ・   ・   
2017-12-19
🐉25』26』27』─1─鄧小平と天安門虐殺事件。江沢民反日教育。~No.51No.52No.53No.54No.55No.56・ @   
   ・   ・   ・   
2017-12-26
🐉28』29』30』─1─中国共産党指導部は、結党以来、嘘偽りと裏切りの内部抗争で同志を粛清した。~No.57No.58No.59No.60No.61No.62・ @  
   ・   ・   ・   
2019-03-13
🐉31』─1─中国共産党政府のウイグル族チベット族モンゴル族など少数民族に対するジェノサイ計画。漢族の絶対正義。 2013年6月~No.63No.64No.65・ *
   ・   ・   ・   
2017-12-15
🐉32』─1─チベットにおける、中国共産党政府の漢族化政策とチベット人大虐殺。~No.66No.67No.68・ @ 
2018-04-01
🐉32』─2─中国共産党は、チベット仏教を支配する為にあくどい手口を進めている。~No.69No.70No.71No.72・ 
   ・   ・   ・   
2017-12-23 モンゴル
🐉33』─1─モンゴル人大虐殺のユネスコ記憶遺産申請。中国軍はモンゴル独立派や非協力者ら約30万人を虐殺した。~No.73No.74No.75No.76・ @
   ・   ・   ・   
2017-12-21
🐉34』─1─中国共産党ウイグル人大虐殺。ウイグル人の教化・徳化。~No.77No.78・ @
2018-09-20
🐉34』─2─ウィグル族の中国化。中国共産党は、地域の多数派になってから本性を現して行動を起こす。~No.79No.80・ @ 
2017-12-30
🐉34』─3─中国共産党政府の非人道的極悪犯罪。ウイグル人未婚女性30万人から50万人の強制連行。~No.81No.82 ・ @
2018-11-14
🐉34』─4─ウィグル自治区。国連人権理事会は中国共産党を人権弾圧と告発。人権問題で米欧は激しく批判し、日本は沈黙する。~No.83No.84・  @ 
2018-12-08
🐉34』─5─中国共産党政府の“ウイグル強制収容所” 奇跡の生還者が日本で衝撃な証言を行う。~No.85No.86 ・ @
2019-02-10
🐉34』─6─中国共産党は、ウイグル人弾圧とウイグルの中国化を見苦しく正当化する。~No.87No.88No.89No.90 ・ 
2018-12-20
🐉34』─7─中国共産党ウイグル族収容所に対する批判。トルコ。〜No.91・ @
2019-12-04
🐉34』─8─米下院、ウイグル人権法案を可決。中国猛反発。〜No.92No.93No.94No.95 
   ・   ・   ・   
2019-07-28
🐉35』─1─新疆ウイグルでの中国共産党によるカザフ族に対する非人道的民族弾圧。~No.96No.97 ・
    ・   ・   ・   
2018-01-07
🐉36』37』─1─中国共産党政府の領土拡大と弱小国・ブータン王国中印国境の部隊。~No.98No.99No.100No.101 ・ @
   ・   ・   ・   
2017-12-24 少数民族
🐉38』39』40』─1─中国共産党による広州チワン族自治区での大虐殺と人間にあらざる「おぞましい」所業。~No.102No.103No.104No.105No.106・ @ 
   ・   ・   ・   

🐉132』─1─“爆買い”中国人に抗議 香港、境界付近でデモ. ~No.431No.432 終わり。

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 2020年1月5日 産経新聞「“爆買い”中国人に抗議 香港、境界付近でデモ
 5日、香港・上水で行われた中国人の“爆買い”に抗議するデモ(藤本欣也撮影)
 【香港=藤本欣也】中国との境界に近い香港・新界地区の上水で5日、転売目的で“爆買い”する中国本土の買い物客に抗議する集会が行われた。集会後、若者ら約1万人(主催者発表)が「転売する中国人を追い出せ!」「愛国心があるなら(中国本土で)国産品を買え!」などと叫びながら商店街をデモ行進した。
 ふだんならスーツケースを引きずりながら歩く中国人客でにぎわう商店街も、集会・デモが予定されていたこの日はシャッターを下ろす店がほとんどで、中国人客の姿も街から消えた。
 上水では中国人客の“爆買い”に伴い、日用品などの物価も高騰。集会・デモを主催した民主党の林子●(王へんに京)北区議会議員は「レストランの値段は香港島の中心部と変わらないほど高い」と指摘する。
 商店街では中国人客目当ての薬局や化粧品店ばかりが営業するようになった。上水に住む44歳の女性は「中国人客が増えて、もうかっているのは一部の店。私たち市民は暮らしが不便になった」と話した。
 それでも最近は抗議活動の高まりを受け、上水に来る「中国人客数が半減」(香港紙)し、化粧品店などの閉店も相次いでいる。」
   ・   ・   ・   

3総目次0」─改編─西洋キリスト教文明・白人の功罪。<平成31年1月28日>〜No.1  *  

  ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。  
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
 ブログ作成日 令和元年
   ・   ・   ・ 
2019-07-03
3目次1」─壱・A─古代四大文明
 キリスト教
 古代ギリシャローマ帝国
 中世欧州。フランク王国
 イスラム教。
 地獄のアステカ王国インカ帝国
 イギリス王国と海賊王。
 フランス革命の虐殺。
 アメリカ合衆国のインディアン虐殺。〜No.1   始めに。
   ・   ・   ・   
2019-10-20
3目次1」─壱・B─第一次世界大戦
 メキシコ革命と日本。
 ヒトラースターリンルーズベルト
 アメリカとイギリスは、避難してきたユダヤ人難民の受け入れを拒絶した。
 連合国は、ホロコーストを知っていたが戦争の勝利を優先して見殺しにした。
 バチカンは、改宗したキリスト教ユダヤ人は助けたが、改宗を拒否した異教徒ユダヤ人は見捨てた。
 それが、西洋のそしてキリスト教会の正義であった。
 第二次世界大戦
 冷戦。
 欧米諸国は、外国人の難民や移民を受け入れて混乱し、犯罪事件やテロが続発している。〜No.1   始めに。
   ・   ・   ・   
2019-07-09
☭改編1』─目次・弐ー江戸時代におけるロシアの日本侵略。ロシア人共産主義者による日本人(女性や子供)大虐殺。北方領土4島強奪。~No.1 始めに。   
   ・   ・   ・   
2019-07-16
🌄改編1』ー目次・参ー琉球人=沖縄県民=縄文人=南方系海洋民。尖閣諸島を強奪する中国共産党。~No.1 始めに。  
   ・   ・   ・   
2020-01-08
🐉目次1』ー四・Aーチャイナの虐殺。中国共産党による残虐。中国人の地獄。~No.1 
2019-07-22
🐉目次1』ー四・Bー中国共産党による世界制覇陰謀。~No.1 
   ・   ・   ・   
2012-08-24
三十二─コメント・Q&A─2 =通りすがりの者 ~No.150 
2012-03-01
一)目次  (分割開始 平成23年5月16日) ~No.1
2011-12-15
二十五─コメント・Q&A─1 =nithin ~No.150
2011-06-15
二十六─参考文献(あ~さ)=1~No.151
    ・   ・   ・   
 6つのブログ。
1:昭和天皇は戦争回避とユダヤ人難民救護を希望し原爆開発中止を厳命した。 
   ・   ・   
2)日本の祖先神・氏神の人神崇拝と普遍宗教の隣人愛信仰による400年宗教戦争
   ・   ・   
3」西洋キリスト教文明・白人の功罪。中国共産党ソ連共産主義者による日本人女性子供虐殺事件。  
   ・   ・   
4〕日本文明・日本天皇大和民族と中華文明・中華皇帝の中国・朝鮮両民族との2000年戦争。
   ・   ・   
5}人口爆発時代。軍国日本の世界戦略は、食糧・石油・原材料などを海外で確保する為であった。
   ・   ・   
6〉人口激減時代。絶望的少子高齢化は、短期的に労働者不足、中期的に消費者減少、長期的に日本民族日本人は少数派に転落、そして日本国の衰退。
   ・   ・   ・   
 🏞✡🏛☪🏟🕎🏰🎪🏹🏜 🗽🌎✬✪✠✞✢✥🕌✙🏝🏔✰✱✦🔯✤🌐☦☥✯☧☭🌄🐉
   ・   ・   ・   
 アニメ映画『銀河鉄道999』「男なら、負けると分かっていても戦わなければならないときがある」
 人としての生き方、男の生き方は、邪な心に支配され卑屈に逃げ惑う大人よりも、純粋に本能に従って行動する子どもの方が良く知っているのかも知れない。
   ・   ・   ・   
 欧米諸国やバチカン、国際赤十字社は、目の前で行われていたヒトラーホロコーストを知っていたが無視し、抗議せず、無言で放置した。
 連合軍は、せんその勝利を優先して虐殺されているユダヤ人の救出を後回しにした。
  ・  ・  
 ヒトラーが、対米戦を決断したのは、日本軍に期待したからである。
  ・  ・  
 ロンメルのアフリカ軍団が敗北したのは、日本海軍の戦略転換が原因であった。
  ・  ・  
 第二次世界大戦のターニングポイントは、日本軍・フランス軍対連合軍のマダガスカルの戦いであった。1942年5月5日より11月6日。
  ・  ・  
 ドイツ軍は、日本の裏切りで敗北した。
 アメリカは、ドイツ軍と戦うソ連軍の為にウラジオストック経由で大量の軍需物資を送っていた。
 日本軍は、ウラジオストックに向かうアメリカのソ連支援軍需物資輸送大船団を黙認していた。
  ・  ・  
 ユダヤ人の資産を奪ったヨーロッパ人は、ホロコーストから生き残って帰郷したユダヤ人を惨殺していた。
  ・  ・  
 アメリカやソ連などの連合軍による人道と平和に対する凶悪犯罪。
  ・  ・  
 中国共産党による人権無視の非人道な大虐殺事件。
 辛亥革命から中国共産党政権樹立までの中国革命で、殺された人民は約1億人と言われている。
 中国共産党・中国軍は、尖閣諸島と沖縄は日本に強奪された中国領であると主張し、日本領沖ノ鳥島を国家防衛の重要拠点であるとして奪おうとしている。
  ・  ・  
 ロシア人共産主義者は、日本国家と日本軍から見捨てられ逃げ惑う日本人避難民(主に女性や子供)数十万人を襲って虐殺した。
 ソ連軍は、北海道東半分を占領できなかったが、1945年9月2日迄に日本領北方領土4島を不法に占領した。
 日本降伏後の、ソ連・ロシアによる北方領土4島強奪は国際法に違反する戦争犯罪である。
   ・   ・   ・   
 中世キリスト教会と白人キリスト教徒商人は、日本人をアフリカ人同様に奴隷として売った金を稼いでいた。
 人の命は、金で買えた。
 金で買える命とは、死んでも幾らでも買い足す事ができる為に消耗品であり、価値としては家畜と同じであった。
 当時の日本人には価値がなかった。
  ・   ・   ・   

💍🎉
   ・   ・   ・   

🐉131』─1─中国共産党の大プロパガンダ、大外宣の実態。~No.430No.431 終わり。

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・ {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 
  日本は、宣伝戦・報道戦・法律戦において中国共産党には勝てない。
   ・   ・   ・   
 2020年1月号 WiLL「今月の一冊
 『中国の大プロパガンダ 恐るべき「大外宣」の実態』
 何清漣 著 福島香織 訳
 評者:永栄潔
 強権政治の闇を暴いて中国共産党に抗(あらが)う何清漣(かせんれい)女史の新著。勧進元に出版を憚避(パス)され、8年棚ざらしだったが、補充のお陰で直近の出来事も読める。ペンス米副大統領が中国に政治の透明化を求め、台湾・香港情勢に懸念を表明した演説にも本書は与っていた。ご一読を乞(こ)う。
 執筆は、『中国の嘘──恐るべきメディア・コントロールの実態』(扶桑社)を書いていて、凄まじいメディア工作に気づいたのがきっかけという。〈対外宣伝計画(『大外宣』)〉がそれだ、初年度の09年は450億人民元(約7,200億円)を投じ、30の新華社支社を開いたりした(女史によると、当局はエドガー・スノーの『中国の赤い星』を初期外宣工作の最高傑作と位置づけている由)。
 毛沢東主席が『自分たちの記者を派遣できれば地球を掌握できる』と、〈武器としての報道〉を説いたのは55年10月の政治局会議だそうだが、51ヵ国に85人の記者を送り出すのに10年かかった。それが今は海外支社180、記者6,000人超。世界最大の米AP通信でも72支社だじゃら、驚きの増強である。
 中国の攻勢はクリントンオバマの両民主党政権下で強まったそうだ。オバマ時代は対中外交政策の起草を中国外交部傘下の国際問題研究所に発注するほど蜜月で、双方の高官からG2構想(世界の諸問題を米中両国で解決しようとの考え)も出た。中国のGDPが日本を抜き世界2位となり、中国首脳が自信を持ったことも攻勢の背景にあるらしい。
 ただ、女史はそれを人類の危機と捉える。というのも、貧困国の記者を中国に招き研修する外宣事業で、フィリピンの記者らに『南シナ海の紛争に関わる報道はするな。奨学金プロジェクトに参加し続けたいなら、(両国の友好に役立つ)ポジティブな面を報道せよ』といった本来の記者教育と逆の指導が平然と行われているからだ。1,000人が研修を終えたアフリカ向け報道官養成コースでも、修了生用に次のポストを派遣国に用意させるなど至れり尽くせりだが、女史は、中国はこれまでアフリカに独裁者を生んだだけと突き放す。
 工作の肝(きも)の1つが西側の記者経験者に中国の視点で記事を書かせる本土化戦略。問題は人集めだが、高給と欧米の業界不況で著名記者が続々中国官製メディアに参入している。中国国営テレビの英語放送網(CGTN)が記者90人を募集した際も6,000人殺到した。記者の呑み込みが早く、中国側を喜ばせている。
 本土化戦略は、『人民中国』日本語版の成功から生み出したようだ。2万5,000部の発行部数があり、外地紙で唯一黒字であるばかりか、有力政界人に多数の定期購読者を得ているからだ。中国政府は編集委員・横堀克己氏(元朝日新聞北京総局長、故人)の功績として、外国人への最高栄誉『友誼賞』で報いたが、日本の読者が朝日を読む感覚で日本語版を読めたのも大きい。
 その外宣作戦に昨年来、逆風が吹き始めた。18年2月の米上院公聴会では、知中派学者が判断の誤りを次々認め、中国内に張り巡らされた電子監視網を問題視し、ウイグル人チベット人への弾圧阻止を訴えた。9月には新華社を外国代理人登録法の『外国代理人』に認定、報道機関ではなく中国政府の政治団体とした。トランプ政権と中国共産党の闘いは始まったばかりと女史は見る」
   ・   ・   ・   
 中国共産党は、日本の国際的評判を貶める為に、アフリカや中南米反日報道・日本批判報道を活発に行っている。
 日本人が知らないところで、国際報道に大量の反日情報が流されている。
 日本国内でも似かよった反天皇反日的報道が流されている。
   ・   ・   ・   

✬145」─1─1921年 オクラホマ州タルサ市人種暴動の300人以上虐殺。~No.404  ⑭ 終わり。  

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 シネマトゥデイ
 300人以上の死…米史上最も悲惨な人種暴動が映画に
 2017年5月21日 15時48分
 ティム・ストーリー監督 - Rich Polk / FilmMagic / Getty Images
 1921年に黒人系コミュニティーの居住地区タルサで起きた、アメリカ史上最も悲惨と言われる人種暴動を描くタイトル未定の映画で、『ファンタスティック・フォー』シリーズなどのティム・ストーリー監督がメガホンを取ることになったとDeadlineが報じた。
ファンタスティック・フォー:銀河の危機』ギャラリー【写真】
 同暴動は、白人男性に黒人男性が暴行を加えたのをきっかけに勃発。黒人のウォール街と呼ばれるほど黒人たち自身が営むビジネスで栄えた同地区で起きた暴動は300人以上もの死者を出し、1,200棟の家屋が破壊され、1万人がホームレスになった。
 本暴動について記したコリンダ・マーシュによるノンフィクション本「ホロコースト・イン・ザ・ホームランド:ブラック・ウォールストリーツ・ラスト・デイズ(原題) / Holocaust in the Homeland: Black Wall Street's Last Days」を基に映画化する。(鯨岡孝子)
   ・   ・   ・   
 MAASH マーシュ
 コラム 旅と都市カルチャーShin-ku
 2012年4月11日
 ブラック・ウォール・ストリートとタルサ暴動 そしてネイティブ・アメリカン
 かつて「黒人のウォール街」と呼ばれた街は、アメリカ史上最悪の暴動によって破壊された。
上の写真は米ウィキペディアに掲載されている、日付のない写真。暴動前のグリーンウッド、通称「ブラック・ウォール・ストリート」だ。
 20世紀初頭、オクラホマ州タルサに生まれたグリーンウッドは、当時、最も成功した、アフリカ系アメリカ人の裕福な街だった。
 1907年ごろ、南部での人種差別は依然として厳しかった。
 しかし、オクラホマ州は州になったばかりで、他州からのアフリカ系住民に対して、彼らが人生をやり直す場所を提供した。
 そのため、南部のさまざまな地域から、アフリカ系アメリカ人オクラホマ州に移住してきた。
 それぞれが州内で白人社会と離れて暮らしたが、当時タルサには多くの白人系住民がいた。
 アフリカ系アメリカ人の住民は、タルサを東西に走る鉄道の北側に住みはじめた。
白人たちはそのエリアを、「リトル・アフリカ」という名前や、他の差別的表現で呼んだという。
 黒人系コミュニティは後にこのエリアを購入し、約1万人が住む街となった。これがグリーンウッドとなる。
 街は南北に走るグリーンウッド・アヴェニューを中心としていた。
 当時の街は赤煉瓦の建物が並び、食料品店や衣料品店、理髪店などがあり、どれも黒人系住民で経営されていて、住民はそれを誇りに思っていた。白人とのシェアが一切ない、この繁栄した商店街は、1910年の石油による好景気でさらに活発となり、やがて「黒人のウォール街 ブラック・ウォール・ストリート」と呼ばれるようになった。
 やがて、黒人系の医師、弁護士など、優れた人材も登場する。
 しかし、1921年ごろ、クー・クラックス・クランは、タルサに約3200人のメンバーを擁していた。
 白人系住民の黒人系住民に対する差別感情、嫉妬心は爆発寸前だった。
 タルサ暴動、発生
 暴動が発生したのは、1921年の5月31日と言われている。
アフリカ系アメリカ人で、19歳のディック・ローランドが、エレベーター操縦士の17歳白人サラ・ページに暴行を加えて逮捕されたのがきっかけだった。タルサ・トリビューンはこの事件を5月31日に報道。すると、武器を持った白人たちが、刑務所の外に集まった。
 一方、黒人たちも、白人たちからディックを守るために刑務所の外に集まった。
混乱の中、ある白人男性が黒人男性から銃を取ろうとした。その弾みで、空に向けて一発、銃弾が放たれた。
 それをきっかけに白人集団は暴徒化。黒人が大成功をおさめているエリア、グリーンウッドになだれこんだ。
 彼らは商業ビルや店舗、家を破壊し、男性、女性、子どもを殺害した。
暴動がおさまったのは、6月1日の午後だった。
 破壊されたのは、21の教会、21のレストラン、二つの映画館、30の食料品店、病院、銀行、郵便局、図書館、学校、法律事務所、バスシステム、民間飛行機。黒人所有の飛行機は盗まれ、空から爆発物を投下するのに使われたとも言われている。
 その光景は無残だった。
 多くの白人系の男性、女性、子どもたちは、街の境界線から、暴動の様子をずっと眺めていた。
 中にいる黒人が撃たれ、焼かれ、リンチされるという、非現実的な光景。
 街は、完全に破壊された。
 被害総額は150万ドル。アメリ赤十字は、300人以上が殺されたとしている。
 住民は暴動後にホームレスとなったが、5年ほどかけてエリアを再構築した。
しかし、60年代に人口流出が起こり、今は更地が多く残っている。
グリーンウッドアベニューには解体された建物の煉瓦などを使い、歴史地区として残すために一部復元された。
 ネイティブ・アメリカンはかつて、黒人奴隷を抱えていた
 記事の冒頭で、オクラホマに黒人が移住してきたと書いたが、それにはもう一つの理由があった。
 オクラホマは、ネイティブ・アメリカンの奴隷の子孫が生きる土地でもあったのだ。
奴隷解放宣言前、1830年に、南東部の肥沃な地域で暮らしていたチェロキー族などのネイティブが、オクラホマ州やその周辺に強制移住(「the Trail of Tears 涙のトレイル」)させられた。彼らは綿花栽培などで黒人を奴隷として所有(チェロキー族の場合は人口の一割)していて、移住の際も同行した。
 下の図、右側がインディアン・テリトリー。1907年にオクラホマ州となった。
1863年奴隷解放では、ネイティブ・アメリカンの奴隷の多くは部族の一員となり、インディアン・テリトリーで自由に暮らせる権利を手にした。
1907年にオクラホマに集ったアフリカ系アメリカ人は、彼らの親族が多かったのだ。
 現在は、部族の一員となった黒人系を、部族として認めないという動きがあり、部族の裁判では解放奴隷の部族資格を剥奪できるとした。しかし、連邦政府の介入で阻止されるなどしている。
 部族資格を持つということは、福祉給付や特別補助を受ける権利を持つということだ。
ネイティブ・アメリカンは、部族の血を汚すわけにはいかないとし、黒人系を部族から排除するという意思を曲げることはない。
 全米で話題となっているジェイク・イングランドの黒人住民無差別発砲事件だが、ジェイクはネイティブ・アメリカンだと一部報道されている。(記事「黒人への無差別発砲事件 犯人はアメリカン・インディアンの青年 フェイスブックで身元判明」)
 事件には、ネイティブ・アメリカンアフリカ系アメリカ人の歴史的感情も渦巻いているのかもしれない。
 オクラホマにはネイティブと黒人が強制移住で集い、石油が発見されたときには白人たちがなだれ込んだ。
 そして今、白人、ネイティブ、黒人の人種間感情は、その中心地であるタルサで混迷を極めているのだ。
   ・   ・   ・   
 ウィキペディア
 オクラホマ州(英語:Oklahoma,[ˌoʊkləˈhoʊmə] ( 音声ファイル); チェロキー語: ᎣᎦᎳᎰᎹ, ogalahoma; チョクトー語: Oklahumma)は、アメリカ合衆国南中部にある州である。州の北はコロラド州カンザス州に接し、東はミズーリ州アーカンソー州、西はニューメキシコ州、南はテキサス州に接している。アメリカ合衆国50州の中で、面積では第20位、人口では第28位である。
 州都および最大都市はオクラホマ市であり、タルサ市がそれに続く。
 州名はチョクトー族インディアンの言葉でokla と hummaを合わせたものであり、「赤い人々」を意味する。1907年11月16日に元のインディアン準州オクラホマ準州を合わせて合衆国46番目の州になっており、当初は全米のインディアン部族のほとんどを強制移住させる目的で作られた州である。そのため、他の州に比べ、インディアンの保留地(Reservation)が非常に多い。
 オクラホマ州天然ガス、石油および農業の生産高が高く、また航空機、エネルギー、通信およびバイオテクノロジーに経済の基盤がある。国内でも最大級に経済成長率が高く、一人当たり収入成長率と、州総生産の成長率では国内トップクラスである。オクラホマシティ市とタルサ市が州経済の中心となり、両都市圏に州人口の60%近くが住んでいる。
 歴史
 詳細は「オクラホマ州の歴史」を参照
 オクラホマアフリカ系アメリカ人の歴史も豊富である。20世紀初期には近隣の特にカンザス州などから黒人開拓者が移住してきたために、多くの黒人町が繁栄した。政治家のエドワード・P・マッケイブが当時のインディアン準州に黒人開拓者が来ることを奨励した。マッケイブセオドア・ルーズベルト大統領と、オクラホマを黒人多数の州にする可能性を検討した。20世紀初期までに、タルサ市のグリーンウッド地区は、アメリカ合衆国の中でも最も繁栄するアフリカ系アメリカ人社会の1つになった。20世紀への変わり目以後、ジム・クロウ法によって人種差別が激しくなったが、黒人は繁栄する地域を作り上げた。1915年以降のクー・クラックス・クランの復活によって社会の緊張が高まった。1921年には白人が黒人を攻撃する事件があり、タルサ人種暴動と呼ばれた。この事件では、16時間におよぶ暴動で市街地35ブロックが破壊され、被害総額は180万ドル、死者は300人とされる、アメリカ史の中でも最大級の人種間暴力事件となった。1920年代後半までに州内ではクー・クラックス・クランの勢いが衰え、無視できる状態になった。  ・  ・  
 オクラホマ州の歴史では、オクラホマ州の歴史と、州が現在占めている土地の歴史を扱う。1803年のルイジアナ買収で、オクラホマの大部分(パンハンドル地域以外のすべて)が取得された。パンハンドル地域は米墨戦争の後に合衆国の土地となった。
フランシスコ・バスケス・デ・コロナドがオクラホマに足を踏み入れた最初のヨーロッパ人であるかどうかにはいくつかの疑問が残されている。
 州制の後
 20世紀
 20世紀前半、石油産業が始まった。地下の石油の巨大な貯蔵がタルサ近くのグレンプール(w:Glenpool, Oklahoma)などの場所で発見された。多くの白人がお金を稼ぐために州に殺到した。オクラホマの「オールド・マネー」のエリート家族の多くは、この時を彼らの上昇の日付と記すことができる。1920年代の反映は、フィルブルック美術館(w:Philbrook Museum of Art)に変換されたタルサ大邸宅や、タルサのダウンタウンアール・デコ建築のような、この時代から生き残った建造物に見ることができる。
 オクラホマにとって、20世紀の最初の四半世紀は政治的に乱れていた。多くの異なるグループが州に押し寄せた。州のほとんどの地域はジム・クロウ法を個々の都市の中で遵守し、他のどの非白人に対しても偏見で人種的に分離されていた当時、白人と離れて暮らすことを選んだアフリカ系アメリカ人の集団が作った町、「ブラック・タウンズ」が州全体に登場した。ノーザンタルサ近郊のグリーンウッド(w:Greenwood, Tulsa, Oklahoma)は、そこの活気のあるビジネスと文化的宗教的コミュニティのために、ブラック・ウォール・ストリート、黒人ウォール街として知られた。このエリアは合衆国の最も致命的な人種暴動のひとつである1921年のタルサ人種戦争(w:Tulsa Race Riot)の場所であった。
 オクラホマ社会党はこの時代、何十もの党機関紙の発行と数百人の選出された地方職員を含む、わずかな度合いの成功を遂げた。その小さな党は、1914年に12,000人の会員から支払われる、この時オクラホマで最も高い一人当たりの会費を有していた。彼らの成功の多くは、黒人とインディアンの有権者へ訴える彼らの意欲(彼らはジム・クロウ法に抵抗し続けた唯一の政党であった)と、伝統的なマルクス主義イデオロギーを変更する彼らの意欲(最も大きい変更は、広範囲にわたる小規模の土地所有権の党の支援と、「社会主義の福音」を説くためにはっきりと宗教を使用する彼らの意志であった)、そしてそうすることが意味を持ったことに由来した。また州の党は、大統領候補にユージン・デブスを立てて、国で最も高い投票数の一部を与えた。
 党は後に、グリーン・コーンの反乱(w:Green Corn Rebellion)と、戦争や資本主義に反対を表明した者に対する第一次世界大戦の時代の被害妄想に続く、超抑圧的な環境をもたらした「ホワイト・テラー」、"白い恐怖"の時代に、跡形もなく崩壊した。世界産業労働組合は、この時期に躍進しようとしたが、ほとんど成功しなかった。クー・クラックス・クランもまた特に活動的であったが、実際には1950年代の州政府による大きなキャンペーンに続いて排除された。
   ・   ・   ・