✞167」─2─独ソ開戦。フランスは無国籍ユダヤ人をナチス・ドイツに引き渡し、キリスト教会はユダヤ教徒ユダヤ人を見捨てた。1941年6月 ~No.480No.481No.482No.483@    

   ・   ・   ・   
 プロフィールに、6つのブログを立ち上げる。 ↗   
   ・   ・  【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】 ・  
 フランスは、ヒトラーユダヤ人絶滅計画を知ってか知らずか分からないが、国内のユダヤ人をナチス・ドイツに引き渡していた。
 他のヨーロッパ諸国も同様に、ナチス・ドイツユダヤ人絶滅計画に協力していた。
 戦後。ドイツと周辺諸国は、非人道的過去の行為を問題化させない為に和解した。
 日本が、ドイツに見習うべき戦後責任や戦後和解などは存在しない。
   ・   ・   ・   
 6月 イラン皇帝レザ・シャーは、独ソ戦が始まるや、祖国を戦争の惨劇から救う為に局外中立を宣言した。
 レザ皇帝は、イランを欧米列強に負けない近代国家にする為に、石油資金を活用して諸改革を断行した名君として、国民に絶大な人気を得ていた。
 日本の明治維新と同様に、ペルシャ湾からカスピ海まで縦貫鉄道を敷設し、殖産興業政策でイランを急速に近代国家に生まれ変わりつつあった。
 連合軍は、ソ連への軍需物資を輸送する手段として、イラン経由のペルシャ回廊を利用する事を決定した。
 レザ皇帝は、中立を理由にして申し込みを拒否した。
 連合国は、戦争の勝利を優先してイラクの中立を無視し、イラクを追い込む為の謀略を開始した。
 イギリスのタイムズ紙などは、イランとナチス・ドイツが裏で手を組んでいる、ヒトラーとレザ皇帝が戦後世界の分割を企んでいるとの、軍の指示に従って捏造記事を掲載した。
 イギリス軍とソ連軍は、情報操作で国際支持を失い始めたイランへの侵攻計画を協議し、軍隊を配備し始めた。
 レザ皇帝は、ルーズベルトに対して、イギリスのイラクの国家主権を無視する行動は、大西洋憲章の「領土不可侵」に違反すると訴え、話し合いによる解決の為にアメリカの仲介を期待した。
 ルーズベルトは、憲章が対象とする国は、ナチス・ドイツに占領された白人諸国であってそれ以外ではないとして、レザ皇帝の嘆願を門前払いした。
 後年。イギリス植民地ビルマの首相ウ・ソーも、有色人種は対象とされていないとして追い返され、イギリス軍に拘束され謀殺された。
 英米が宣言した大西洋憲章は、白人キリスト教徒のみを対象とした宣言である。
 東條英機大東亜共同宣言とは、本質的に全く違っていた。
 中立国アメリカは、ソ連支援の為に、イギリス軍に対して侵攻に必要な戦略物資を供給した。
 イギリス・ソ連連合軍は、南北からイランに侵攻した。
 両軍兵士は、キリスト教的白人至上主義の差別意識から、イスラム教徒イラン人を兵士・民間人に関係なく抵抗する者はドイツ軍の味方と判断して殺害した。
 レザ皇帝は、侵略されて数日後、自国民の被害者を出さない為に「無条件降伏」した。
 イギリスは、レザ皇帝を枢軸陣営に味方して連合軍に協力しなかった戦犯として逮捕し、強制退位させてモーリシャスに幽閉した。
 レザ前皇帝は、モーリシャスから南アフリカの幽閉地に送られ逝去して、生きて祖国に帰国する事はなかった。
 パーレビ王子が国王に即位するが、イランは連合軍の占領下に置かれた。
 中立国アメリカは、ナチス・ドイツや軍国日本による世界征服の陰謀を砕く為に必要な軍事行動であるとして正当化した。
 イギリス軍は、ソ連への兵站基地とする為に、軍隊を駐屯させて保護領化した。
 イラン国民は、枢軸国勢力との戦争勝利という世界正義の為に、ソ連への軍需物資輸送に使役された。
 イギリスの国際石油資本は、イラン石油を独占する為に技術者を派遣し、イギリス軍の協力を得て油田を奪った。
 パーレビ国王は、欧米列強の機嫌を損ねない様に振る舞い、イギリスの指示に従って国政を執っていた。
 キリスト教会は、イスラム教徒の反感を買わない様にしながら、西洋型物資に溢れた快適生活を広めるついでに布教活動を行った。
 民族派は、イギリス軍占領から祖国を解放するべく、失業した旧軍人達や部族長らに独立運動をへの参加を呼びかけた。
 穏健なイスラム教徒は、キリスト教的文化生活に染まって行くパーレビ国王に、偉大な預言者マホメットからのイスラム教に立ち返り、アラーこそ唯一の神という絶対神信仰を取り戻し、キリスト教化しかけた事に対する反省を求る宗教運動を起こした。
 イスラム原理主義者は、反キリスト教反イギリス反皇帝のテロ始めた。
 イスラム教によるイラン革命は、この時から始まった。
   ・   ・   ・   
 ナチス・ドイツは、フランスの協力を受けて、5月と8月と12月に組織的なユダヤ人の一斉検挙を行った。
 キリスト教会の一部は、ユダヤ人身分法の原理に反対して、ユダヤ人を保護した。
 ナチスは、報復として、非協力的な聖職者を逮捕してユダヤ人と共に収容所に送った。
 ドイツ軍支配下の各地でも、ユダヤ人が逮捕され収容所に送られているという情報が、全ての教会内で駆け巡り、宗教関係者に衝撃を与えた。
 不法逮捕を恐れない聖職者は、ユダヤ人迫害を非難し、枢機卿大司教会議に抗議声明を出すように要請した。
 カトリック教会は、親ドイツ派のヴィシー政権に失望し、表面的には支持を与えても、裏では反ヴィジー派に協力した。
   ・   ・   ・   
 6月1日 イギリスは、クレタ島を失い、地中海の戦いで不利な状態となった。 
 6月9日 ワシントン・ポストは、一ヶ月前から、大西洋上で、アメリカ海軍駆逐艦とドイツ海軍潜水艦との間で遭遇戦が行われていると報じた。
   ・  ・   ・   
 6月22日 独ソ開戦。
 ドイツ軍は、ソ連ポーランドに侵攻した。
 スターリンは、ブルガ川流域のユダヤ人約300万人がドイツ軍に協力する事を恐れ、家畜列車に押し込んでシベリアの強制収容所に送った。
 ユダヤ人が、敵に内通して裏切る恐れがある事はとみに知られていた。
 収容所のユダヤ人を看守したのも、ユダヤ人であった。
 ユダヤ人看守とソ連軍兵士は、毎日、数百人のユダヤ人を殺害した。
 ユダヤ人は、同じ民族であっても、出身地の共同体の一員ではないユダヤ人に対しては冷酷でった。
 ユダヤ人は、他国のユダヤ人には冷酷であった。
 アメリカやイギリスのユダヤ人は、東方のユダヤ人を見捨てていた。
 東方の貧しいユダヤ人を助けたのは、昭和天皇靖国神社A級戦犯らであった。
 戦後、故郷に戻ったユダヤ人はほんのわずかであった。
 夏。ナチス・ドイツは、占領地のユダヤ人を処分することを決定した。
   ・   ・   ・   
 トルーマン「ドイツとソ連が戦争して、ドイツ人とロシア人が大量に死ねば死ぬほど、アメリカの国益に有利になる。アメリカは他国の戦争に介入する必要はない」
   ・   ・   ・   
 6月26日 ルーズベルトは、ホプキンズにスターリン宛ての手紙を持たせてモスクワに派遣した。
 ホプキンズは、帰国して報告した。「スターリンは、アメリカの援助がない限り、大英帝国ソ連は、ヨーロッパの占領地域の資源を保有しているドイツの物量的な強さに立ち向かう事は不可能だと考えている」
 ルーズベルトは、ソ連を武器や戦略物資を供与する対象国にし、ホプキンズを武器貸与法を運営する監督官に任命した。
 アメリカは、1945年後半までに約110億ドルの物資をソ連に送った。
 6月29日 フーバー元大統領は、「スターリン体制は血に飢えた独裁恐怖体制であると以上、人民の血に染まったソ連共産主義陣営の勢力拡大には警戒すべきである」との、警告を発表した。
 トルーマン上院議員「もしロシアが勝ちそうならドイツを援助し、ドイツが勝ちそうならロシアを援助すればいい」
   ・   ・   ・   
 7月3日 ドイツ軍兵士とウクライナ人群衆が、約4,000人のユダヤ人を虐殺した。ホロコーストは、ナチス・ドイツに協力する地元住民の協力があってこそ、実現した。ただし、ユダヤ人を助けた勇気ある個人がいた事も事実である。
   ・   ・   ・   
 7月7月 ルーズベルトは、武器弾薬の海上輸送路確保を目的としてアイスランドに軍隊を派遣して占領した事を発表した。
 アメリカ軍は、グリーンランドアイスランドを対独戦の最重要な戦略的前哨基地として防衛強化を行った。
 アメリカは、決して戦争には参戦するとはいわず、世界の平和と自国の安全wを守る為の自衛行動と公言していた。
 7月10日 イェドヴァブネ事件。ポーランド北東部の小さな町イェドヴァブネ近郊。非ユダヤポーランド人住人は、集団ヒステリーを起こして、隣人として住んでいたユダヤ人住民約1,600人をを虐殺(ポグロム)した。
 穀物倉に閉じ込められたユダヤ人達は、生きたまま焼き殺された。
 7月11日 ノックス海軍長官と海軍作戦部長スターク海軍大将は、北大西洋上で、アメリカ海軍艦船がパトロール任務中にドイツ艦隊と交戦した事を再度否定した。
 7月30日と31日 ルーズベルトは、個人特使ハリー・ホプキンズをソ連に送り、ドイツとの戦争に必要な軍需物資を無制限に供給すると約束した。アメリカの陸軍や国務省の専門家は、ドイツ軍の勝利と分析した。
 ハリマンとウォーバークの共同経営である海運会社ハンブルクアメリカン・ラインとアメリカ汽船商会は、アメリカからナチス・ドイツソ連に大量の武器を送り続けた。ルーズベルトは、1942年10月にハリマン組織の対ナチ協力を中止させた。
   ・   ・   ・   
 8月 イギリス軍(7万人)は、ペルシャの石油資源を支配する為に、ソ連軍(10万人以上)と共同してイラン王国を侵略した。ソ連軍は、イラン北部の占領地で食糧を強制徴発した為に、数百万人のイラク人が飢餓に苦しみ数万人が餓死した。そして、生物兵器で使う腸チフス発疹チフスが蔓延した。イギリス軍は、ソ連軍の蛮行を傍観して、異教徒にして非白人である彼等を救済する事はなかった。
 8月14日 ヨハネ福音書15・13「友の為に自分の命を捨てる事は、これ以上に大きな愛はない」
 ポーランドポーランド アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所で、コルベ神父は餓死刑で死亡した。
 マキシミリアノ・マリア・コルベ神父「苦しみは何ものも作り出す力を持ちません。愛だけが一切を生み出す力なのです。苦しみは私達を屈服させるものではなく、もっと強くなるように助けるものなでなければならないのです。私達の後に生き残る人々が幸せである為に」
 大西洋宣言。ルーズベルトチャーチルは、イギリス戦艦プリンス・オブ・ウェールズ艦上で共同宣言を行った。両首脳は、「領土不拡大」「政治形態選択の自由」「侵略国の武装解除」「民族の自決権と自主独立」などからなる大西洋憲章に署名した。アメリカは、極秘事項として早い時期に対ドイツ戦に参戦すると確約し、開戦の切っ掛けを作る為に日本を経済制裁等で挑発する事に合意した。両軍当局は、開戦準備が完了するまでの時間稼ぎとして、日本が求めている和平交渉を利用する事を確認した。如何に天皇が平和を希望し、日本政府が平和の為に話し合いを続けても、両国政府は対日戦は不可避と決定した。大西洋憲章は、今、迫害を受け虐殺されつつあるユダヤ人達に関しての言及はなかった。
 ルーズベルトは、21日に議会で「アメリカは平和の為にあらゆる努力をしている」と報告し、23日には世界に向けて「アメリカは平和を志向している」との姿勢を見せた。だが、その裏で、25日には大西洋艦隊に対して「水上の侵入艦(ドイツ軍艦)を撃沈せよ」と命令した。ドイツ軍は、「アメリカを参戦させない」というヒトラーの指示に従って、全軍に対してアメリカ軍の挑発行為に乗らない様に命令を発した。
 ルーズベルト「戦争に勝つ為なら、嘘だってつく」「私は宣戦はしない、私は戦争を作るのだ」
 アメリカ政府、中立国として、太平洋で国益キリスト教会の利益の為に国際法を駆使し、イギリスと対日戦の共同謀議を重ねていた。アメリカ軍は、大西洋を宣戦布告なき戦争状態に置いて絶えずドイツ軍を挑発し、スペイン領カナリア諸島ポルトガル領ケープ・ベルデ諸島やそのたの中立国の領土を軍事基地化するべく武力占領した。
 アメリカ海軍は、中立国タイ王国のシャム湾に小艦艇を出動させて日本軍に挑発行動をとると共に、タイに対して軍事的圧力を加え国内の反日華僑勢力を支援した。
 ウェルズ「外交分野を、軍事の分野と切り離す事はできない。それは、平行した道に沿って動いて行く一つの政策である」
 アメリカ議会は、戦時体制(非常時体制)を強化する為に、独裁に近い権限を大統領に与えた。今や、伝統的保守派や孤立主義者や平和主義者らは国民世論の支持を受けられず、大物議員の大半が選挙で落選して政治力をなくした。
 ルーズベルトは、強力なリーダーシップを発揮して、「勝利」という国家目標の為に国民の自由と権限を制限し、全企業を戦争の為に統制した。職人的家内工業の日本企業に比べて、世界最大のベルトコンベヤーを持つアメリカ企業群は、政府の要請があれば瞬時に武器製造に入る事ができた。
 モスクワでユダヤ民族代表者公開集会が開催され、ユダヤ人としてドイツ軍から祖国を防衛する事を決めた。スターリンは、反ユダヤ政策を転換した。
「両首脳は、ドイツのヒトラー政権と結び付いた他の国々の政府が征服による軍事支配に乗り出した為に起こって来た世界の文明に対する脅威を考察し、そして、こうした脅威に対して両国が安全の為にそれぞれどの様な措置を講じているかを明らかにした」
   ・   ・   ・   
 アメリカは、イギリスが国内に持っている金塊と世界各地に持っている権益をなくすまで武器を売り続けた。
 ルーズベルトは、イギリスの金塊を受け取る為に自分の船をさし向けた。
 チャーチルアメリカに骨の髄まで搾られた」
   ・   ・   ・   
 8月15日 ルーズベルトは、チャーチルの了解をえて、共同書簡をスターリンに送り、枢軸陣営との戦いの為に軍需物資を供給する事を申し込んだ。
 8月16日 ルーズベルトは、記者会見で「参戦に一歩でも近付いたのか?」という質問に対して、「ノー」と答え、ソ連にも賛同を求めた事を示唆した。
 8月18日 ルーズベルトは、連邦議会で大西洋会談についての説明をおこない、戦争に関して新たな約束しなかったと証言した。但し、極東地域で日本が新たな侵略戦争を行う可能性があると発言し、犯罪国家日本への警戒を喚起した。
 だが、前年の「アメリカは、防衛のみを目的とし、攻撃を撃退する事だけを目的として人員と資源を終結している」という、大統領選挙で約束した「攻撃を受けた場合を除いて」軍事行動を行わないという公約に縛られていた。
 ホワイト・ハウスは、アメリカの参戦は、「攻撃というものはどこかの基地が一ヶ所でも占領され、そこから我が国の安全保障が脅かされる様な事態が起こると同時に始まっている」という、新たな見解を決定していた。その判断権限は、憲法に従って運営されている連邦議会ではなく、国民から直接選ばれている大統領が持っているとされた。
 アインシュタインらは、ヒトラーとの全面戦争に早期に参加するべきであると訴えた。
 介入派は、イギリス情報部やワシントンと協力して、国民世論を戦争賛成に向かわせる為のポロパガンダと情報捏造を行っていた。
 クラーク・アイケルバーガー(連合国への支援でアメリカ防衛を目指す委員会代表者)「アメリカが侵略者を打倒する事に全力を注いで貢献すれば、将来の世界平和構築に参加する権利を持つ事になる、と我々は最大限の熱意を持って指摘しなければならない。従って、我が国の戦争への参加を急がねばならないのです」
 8月24日 チャーチルは、ラジオに於ける演説で、ヒトラーとの戦争と共に日本の脅威について警告を発した。アメリカが参戦し易くする為に、日本からの戦争の脅威をことさらに強調した。
「日本は自らの行動によってシャムに脅威を与え、シンガポールに、イギリスとオーストララシア(オーストラリアとその周辺地域)の結びつきに脅威を与え、アメリカの保護下にあるフィリピン諸島にも脅威を与えているのです。……この戦いがどれほど辛く、恐ろしく、長引こうとも、我々は最後まで責務を果たす力を失ってはならない」
 8月25日 ソ連と連合国は、ソ連軍への補給線を確保するためイランに侵攻し占領た。
 ポーランド亡命政府は、ソ連と協定を結び、ソ連軍に捕虜となっていたポーランド軍将兵を再編成する事にした。
 ポーランド側は、ソ連の収容所から到着したポーランド人兵士捕虜の総数にはるかに及ばなかった事から、ソ連に不信感を持った。
 


   ・   ・   ・   

ルーズベルト一族と日本

ルーズベルト一族と日本

アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史

アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史

大東亜戦争は日本が勝った -英国人ジャーナリスト ヘンリー・ストークスが語る「世界史の中の日本」

大東亜戦争は日本が勝った -英国人ジャーナリスト ヘンリー・ストークスが語る「世界史の中の日本」