🐖3」─5─反日映画『アフリカン・カンフー・ナチス』。東条英機とヒトラーがアフリカで世界征服を企む。~No.24No.25 ② 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 2021年4月1日 MicrosoftNews クランクイン!「ヒトラー東條英機がアフリカで世界征服を企む!? 『アフリカン・カンフー・ナチス』劇場公開決定
 © (C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED
 世界征服をたくらむヒトラー東條英機にアフリカのぐうたら青年がカンフーで立ち向かう姿を描く映画『アフリカン・カンフー・ナチス』が、6月12日よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開されることが決定。併せて新ポスターと場面写真が解禁された。
 第二次大戦後、ヒトラー東條英機はまだ生きていた。彼らは逃げ延びた先のガーナを制圧すると、空手と魔術的パワーを持つ日独同盟旗を用いながら現地の人々を新たな人種「ガーナ・アーリア人」として洗脳し、世界を侵略するための拠点を築いていく。圧政の中、心優しき地元の青年アデーは、ヒトラーたちに地元のカンフー道場を潰され、愛する恋人を奪われてしまう。報復を誓うアデーは最強のカンフーを習得するため、過酷な修行に身を投じていくが…。
 この突拍子もないストーリーの本作が生み出されたのは2年前。日本在住のドイツ人監督セバスチャン・スタインは、あふれる情熱と発想だけを手にアフリカへ乗り込み、ガーナのジョージ・ルーカスとして知られる伝説的監督「ニンジャマン」とタッグを組んで、まさかの映画化を実現させてしまった。
 残虐非道なヒトラーを演じるのは、監督であるスタイン本人。監督の友人であり普段は相模原で便利屋を営む一般人の秋元義人も「なんでもやる便利屋だから」とガーナまで渡ってカラテの達人=東條英機を熱演。そして、主人公アデーを演じるクワク・アドゥやサミュエル・アサンテらが、ガーナ人の卓越した身体能力が生み出すド迫力のカンフーアクションを見せる。日本語字幕が「関西弁」仕様になっているなど、随所に遊び心も満載されている。
 一見完璧なB級映画でありながら、悪しき植民地主義者を叩きのめすブルース・リー主演の『ドラゴン怒りの鉄拳』を思わせ、さらにジャッキー・チェンの『酔拳』へのオマージュなど、カンフー映画スピリットを正しく継承した新たなアクションであると共に、現代にはびこる搾取構造や力をあがめる権力者たちの姿を滑稽に描き出している。
 日本で行われたプレミア上映会は大盛況。課金制で限定配信されたAmazonでは、5点満点のユーザーレビューで4.3の高評価をたたき出し、「大爆笑!」「歴史に残るB級」「やりたいことを全力でやった映画」「こういう映画を観たかった」と大絶賛コメントが寄せられ、劇場公開が緊急決定した。
 新ポスターは、メインキャラクターと「燃えよ、アフリカン拳(カンフー)」というパワーワードが配された、劇画タッチの迫力あふれるビジュアル。
 場面写真には、主人公アデーをはじめ、ヒトラー、東條、ゲーリングなどの主要キャラクターや、アフリカ大陸最強を決める熱い武道会の様子が切り取られている。
 映画『アフリカン・カンフー・ナチス』は、6月12日よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開。」
   ・   ・   ・   
 反ユダヤ派のヒトラーは、ユダヤ人虐殺を望み、ホロコーストを黙認した。
   ・   ・   ・   
 親ユダヤ派の東條英機は、昭和天皇の希望を叶えるべく数万人のポーランドユダヤ人難民を保護し助ける人道貢献を行い、戦時国際法・国際軍事法廷で平和に対する罪で有罪判決を受け戦争犯罪者としてリンチ的縛り首で処刑された。
 昭和天皇は、人権を重んじ、人道に心掛け、平和主義者であり人種差別反対派であった。
 現代日本人は、靖国神社に祀られているA級戦犯東條英機が嫌いであり、昭和天皇も好きではない。
 その証拠が、国民世論とメディア・報道機関がアイチトリエンナーレ2019における「昭和天皇肖像画写真を焼いてその灰を踏み付ける」映像を非難し反対しなかった事である。
   ・   ・   ・   
 ナチス・ドイツと日本は、未来永劫、時効なき戦争犯罪国家である。
   ・   ・   ・   
 「日本人は許し難い戦争犯罪者である」、それが国際法に基ずく世界共通認識である。
   ・   ・   ・   
 4月13日 MicrosoftNews クランクイン!「なぜか字幕が関西弁 『アフリカン・カンフー・ナチス』奇想天外な予告解禁
 © (C)2020 BUSCH MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED
 世界征服をたくらむヒトラー東條英機にアフリカのぐうたら青年がカンフーで立ち向かう姿を描く映画『アフリカン・カンフー・ナチス』より、奇想天外、テンション全開な日本版予告編が解禁された。
 第二次大戦後、ヒトラー東條英機はまだ生きていた。彼らは逃げ延びた先のガーナを制圧すると、空手と魔術的パワーを持つ日独同盟旗を用いながら現地の人々を新たな人種「ガーナ・アーリア人」として洗脳し、世界を侵略するための拠点を築いていく。圧政の中、心優しき地元の青年アデーは、ヒトラーたちに地元のカンフー道場を潰され、愛する恋人を奪われてしまう。報復を誓うアデーは最強のカンフーを習得するため、過酷な修行に身を投じていくが…。
 日本在住のドイツ人監督セバスチャン・スタインがアフリカへ乗り込み、ガーナのジョージ・ルーカスとして知られる伝説的監督「ニンジャマン」とタッグを組んで、まさかの映画化を実現させてしまった本作。残虐非道なヒトラーを演じるのは、監督であるスタイン本人。監督の友人であり普段は相模原で便利屋を営む一般人の秋元義人もガーナまで渡ってカラテの達人=東條英機を熱演。そして、主人公アデーを演じるクワク・アドゥやサミュエル・アサンテらが、ガーナ人の卓越した身体能力が生み出すド迫力のカンフーアクションを見せる。日本語字幕が「関西弁」仕様になっているなど、随所に遊び心も満載されている。
 今回お披露目となったのは、『サザエさん』『ドラゴンボールZ』『銀河英雄伝説』などに出演する声優の若本規夫がナレーターを務めた日本版の予告編。物語は、「第二次世界大戦後、ヒトラー東条英機は、どちらもこの世を去っていなかった」という驚きの新事実から始まる。アフリカに流れ着いた独裁者たちは、現地の人々を“ガーナアーリア人”として洗脳し、再び世界征服をたくらむ。手始めに地元のカンフー道場を襲撃し、反逆の芽を摘み取っていくヒトラーたち。DJパーティーで勝利に酔う独裁者たちは、さらに武闘会を乗っ取りこの国の支配を強めることを画策する。一方、恋人や仲間、すべてを奪われた落ちこぼれの道場生アデーは、カンフーを武器に独裁者たちへの報復を誓うのだった―。
 完成した予告編について、監督のセバスチャン・スタインは「めちゃいいですね! 最高! ドイツにいた20歳の頃、僕はとにかく『ドラゴンボール』に夢中だった。自分の作品の予告ナレーションをセルの声を演じた人にやってもらえただなんて信じられないよ! あの時の自分に教えてあげたい! そして、もうひとつ。ガーナ映画の予告編がこのようにナレーションやテロップをつけられて、日本でお披露目されることは初めてだと思います。ガーナの人々はとても喜ぶと思います」と絶賛のコメントを寄せた。
 映画『アフリカン・カンフー・ナチス』は、6月12日よりシアター・イメージフォーラムほかにて公開。」
   ・   ・   ・