✞169」─1─ヒトラーはアメリカの優生学を学んで人種法を制定しホロコーストを実行した。アメリカの優生学。~No.490No.491 @   

   ・   ・   ・  
 プロフィールに、五つのブログを立ち上げる。 ↗ 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・   
 何故、ヒトラーアメリカとの戦争を望まなかったのか?
 何故、ナチス高官の中に親米派が多く存在したのか?
 そして、アメリカの中に親ドイツ派がいてナチス・ドイツとの戦争に反対したのか?
   ・   ・   ・   
 1926年 ハリー・クランプトン、ハリー・H・ローリン、マディソン・グラント、ヘンリー・フェアフィールド・オズボーンらは、アメリ優生学協会を創設した。
 優生学フレデリック・ホフマン「動物界では優れたものが劣ったものを駆逐して生存権を得る。それは人類にも通じる」
   ・   ・   ・   
 ヒトラーは、デーン人のデンマーク王国の中立を許し、ドイツ軍による占領を命じなかった。
   ・   ・   ・   
 2018年12月9日 読売新聞「文化 本よみうり堂
 『ヒトラーのモデルはアメリカだった』ジェイムズ・Q・ウィットマン みすず書房
 評・藤原辰史
 ナチスがヨーロッパ各地で振るった壮絶な暴力は、遠い国の遠い過去のことで、自分に関係ない、と思いがちだ。そもそも子どもたちの前で親を殺したり、子どもを拷問にかけたり、収容所に送ったり、ガスで殺したり、沼に投げ捨てたりというようなナチスの残虐はたしかに普段の暮らしからは想像しがたい領域にある。
 本書は、こうしたナチスの暴力の根拠となった人種差別のアイディアの最大の源泉がアメリカであると主張する。私たちがいまなお政治、経済、軍事的に強く依存し、その文化を存分に味わっている、好感度の高い国である。ヒトラーは『数百万人ものインディアンを銃で撃ち殺して数十万人まで減らした』としてアメリカへの讃美を惜しまなかった。ナチスは、人種法を制定するにあたって、アメリカの移民法や異人種の結婚に重罰を与える法律、黒人の選挙権、移動の自由、職業の選択を制限する制度を学び、それを人種法構築に応用したのだった。
 ナチスの著述家たちはアメリカを『移民立法を通じてその血を蘇(よみがえ)らせようとしている』と褒めたり、『自身の至上性を維持』しそれを未来永劫確保するために『外国人種分子の流入を防ぐ』ことに共感を示したりする。アメリカの白人至上主義がなければ、ナチスはこれほどまでにエスカレートしなかったかもしれない、と思ってしまうほどだ。
 本書の分析のなかで重要なのは、こうした民主主義国家と独裁国家の法的な親和性だけではない。アメリカとナチスを支える社会心理的基盤の共通性を分析していることだ。階級意識の強いヨーロッパと異なり、『最下層の者でも才能さえれば』上り詰めることができるアメリカン・ドリームは『白人の平等主義』と表裏一体だったが、実はヒトラーもまたアーリア人であれば貧困から救出することを約束した。民主主義とナチズムの相違点と類似点。現代史の核心を衝(つ)く論点である。西川美樹訳。」
   ・   ・   ・   
 何故、中立国である、ヒトラールーズベルトアメリカとナチス・ドイツ、アメリカ陸軍航空部隊とドイツ国防軍が、日本と戦うファシスト中国を軍事支援したのか?
 何故、世界が、国際社会が、反日で、韓国や北朝鮮の話を聞いて日本の話を聞かないのか?
   ・   ・   ・   
 ヒトラーナチスは、人種差別としてユダヤ人・ロマ人(ジプシー)を、イデオロギーとして共産主義マルクス主義)を地上から消滅させようとした。
 アメリカは、人種差別からインディアン、アフリカ人、ユダヤ人そして日本人を排斥していた。
   ・   ・   ・   
 中世キリスト教会と白人キリスト教徒商人は、アフリカ人、インディオ、インディアンそして日本人その他の人種・民族・異教徒の奴隷交易を行って大金を稼いでいた。
   ・   ・   ・   
 「大東亜戦争の原因」について。
 昭和天皇「この原因を尋ねれば、遠く第一次世界大戦后(ご)の平和条約の内容に伏在している。【日本の主張した人種平等案】は列国の容認する処とならず、【黄白の差別感は依然残存】し加州(カリフォルニア州)移民拒否の如きは日本国民を憤慨させるに充分なものである。又青島還附を強いられたこと亦然(またしか)りである。かかる国民的憤慨を背景として一度、軍が立ち上がった時に、之を抑へることは容易な業ではない」(『昭和天皇独白録』文藝春秋
   ・   ・   ・   
 アメリカは、ネイティブ・アメリカン(インディアン)、アフリカ人(黒人)、ユダヤ人、支那人そして日本人を差別し迫害した。
 日本国だけが、国家としてアメリカに移住した日本人を保護するべく、アメリカ人の排日運動に抗議し、アメリカ政府やカリフォルニア州の各種排日法を非難し外交交渉で廃止させようとした。
 が、アメリカ人は、アメリカに楯突く日本の傲慢な態度に激怒し、日本への制裁を要求した。
 反日強硬派のルーズベルトやスティムソンらは、中立国であるに関わらず、日本と戦争をしているファシスト中国(中国国民党)、中国共産党ソ連など反日国際勢力にヒト・モノ・カネなどの全面支援を行っていた。
 アメリカ陸軍は、ルーズベルトの許可を得て陸軍航空部隊を民間ボランティア組織と偽ってファシスト中国空軍に派遣していた。
   ・   ・   ・   
 アメリカのキリスト教会は、親中国派・反天皇反日派として、中国での布教活動を行う為に日本軍と戦うファシスト中国や中国共産党を支援した。
 バチカンローマ教皇は、反宗教無神論共産主義マルクス主義)から宗教・信仰を護る為に日本を支持していた。
   ・   ・   ・   
 日本は、戦国時代から西洋キリスト教世界と戦っていた。
 日本人は、中世キリスト教会や白人キリスト教徒商人によって奴隷として売られていた。
 白人キリスト教徒から見れば、日本民族日本人はアフリカ人や中南米インディオ同様の奴隷にしか過ぎなかった。
 戦前までの日本の歴史とは、そうした世界の偏見、宗教的白人至上主義者による宗教差別と人種差別と熾烈で絶望的な戦争を続けてきた歴史である。
 それ故に、日本は世界を相手に、一ヵ国で、孤独に戦い続けるしかなかった。
 その象徴が、靖国神社である。
 豊臣秀吉徳川幕府よる、キリスト教禁教やキリシタン弾圧は当然の行為であった。
 ただし、キリスト教といっても現代キリスト教と中世キリスト教は別物である。
 多分、宗教知識の乏しい現代日本人ではその違いが理解できない。
   ・   ・   ・   
 軍国日本は、ナチス・ドイツの人種差別法に抗議し、日本人に対して適応しないように強く抗議した。
 ナチス・ドイツは、抗議を受け入れ、日本人を差別する人種から除外した。
 ドイツ政府は、日本国籍を持つ朝鮮人・台湾人・中国人を、国際人の一員として日本人同様に権利と自由が与え、人種差別の対象から外した。
 キリスト教朝鮮人テロリストや日本人共産主義者は、日本国パスポートを悪用して昭和天皇や皇族を殺すべく狙っていた。
 ドイツは、ナポレオン戦争勝利者であったロシア帝国の軍隊に勝利した日本の軍事力を恐れていた。
 国際外交とは、軍事力と経済力によって強化され、軍事力と経済力の背景を持たない外交交渉は相手にされない。
 人類が存在する限り、古代から現代、そして将来においても外交交渉は軍事力と経済力によって行われる。
 ヒトラーやナチ党はもとよりドイツの国防軍、保守派、企業は反日派であり、日本軍と戦うファシスト中国を全面支援していた。
 その証拠が、ドイツ国防軍のドイツ軍事顧問団でありジョン・ラーベ軍需産業である。
 日本軍は、第二次上海事変から南京攻略まで中国軍に味方しているナチス・ドイツと、多大なる戦死者を出しながら戦っていた。
   ・   ・   ・   
 昭和天皇は、太平洋戦争の主たる原因はアメリカの日本に対する人種差別、日本排斥運動であったと説明している。
 それ故に、宗教的白人至上主義者から昭和天皇は悪魔・極悪人として嫌われている。
 世界は、昭和天皇を正当に評価しない。
 そして、日本国内、日本人の間にすら、昭和天皇の戦争責任や戦争犯罪を容赦なく厳しく問う声が止まないし、皇室を消滅させ天皇制度を廃絶しようとする動きが根強く存在する。
 昭和天皇は、日本史だけではなく人類史・世界史からも正しく評価すべき偉大な日本国皇帝である。
 日本の天皇制度とは、人類の王朝史・国家史においても傑出した国家的制度である。
 日本天皇家・皇室は、人類史上の如何なる帝室・王室に比べて遜色がない御一家である。
   ・   ・   ・   
 筈井利人「一刀両断エコノミクス」
 米国、強制不妊手術の優生保護政策を国を挙げて発展させた「暗黒の歴史」
 文=筈井利人/経済ジャーナリスト
 ダベンポートは米国民のうち最も能力の劣る者を少なくとも下位10%について特定し、彼らに適切な「対策」を施すことで、血統を絶やそうとした。その多くはてんかん患者、知的障害、奇形、ろうあ者、視覚障害者といった人々である。
 優生学の広がりとともに、州で強制不妊手術を可能にする断種法が相次ぎ制定される。最初は1907年のインディアナ州で、その後1909年のワシントン州カリフォルニア州などが続いた。1927年、バック対ベル訴訟で最高裁が強制不妊手術を合憲と判断して以降、実施が急速に増え、全米で6〜7万人もの人々が不妊手術を強いられた。ほとんどは女性である。
 バック対ベル訴訟で判決文を書いたオリバー・ウェンデル・ホームズ判事は、今も偉大な裁判官として尊敬を集める人物だが、「社会は明白に病弱なものが種として存続することを防止することができる」と判決に記したことはあまり語られない。女性の産む権利を主張した産児制限活動家のマーガレット・サンガーも優生学を強く支持した。
 米国から学んだヒトラー
 こうした米国の優生学を熱心に研究したのが、のちにドイツの独裁者となるヒトラーである。ヒトラーの人種的偏見は彼自身のものだが、優生学はそれに科学的な装いを施すのにもってこいだった。
 ジャーナリストのエドウィン・ブラックによると、ヒトラーナチスの同僚に向かい、自分が米国優生学の動向にいかに詳しいかを自慢し、こう話した。
 「米国のいくつかの州法を興味津々で研究したよ。どう転んでも種族にとって無益有害な子孫しか残さない人間の再生産を防止するんだ」
 ヒトラーは1925?26年に出版した著書『わが闘争』でも、移民排除に乗り出した米国をたたえ、こう記す。
 「現時、少なくともよりましな解釈に向かっている微弱傾向が目につく一つの国がある。もちろんこれはわが模範的なドイツ共和国ではなく、アメリカ合衆国である。(略)アメリカ合衆国は、健康上よくない分子が移民することを原則として拒否することによって、ある民族には帰化を全然認めない。すでにアメリカはかすかに、民族主義国家観に特有な観念を知ったのだ」(平野一郎・将積茂訳、角川文庫)」
   ・   ・   ・   
ウィキペディア
 優生学
 『優生学は人類進化の自己決定』
 1921年開催された第2回国際優生学会のロゴ。異なった領域の多様性を一つに統合する樹木として表現されている。
 優生学(ゆうせいがく、英: eugenics)は、応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される。1883年にフランシス・ゴルトンが定義した造語である。
 優生学は20世紀初頭に大きな支持を集めた。その最たるものがナチス政権による人種政策である。しかし、多くの倫理的問題を引き起こしたことから、優生学は人権問題としてタブーとなり、第二次世界大戦後は公での支持を失っていった。

 アメリカの優生政策
 人種優生政策で有名なドイツよりも、アメリカの方が優生学的な政策を開始した時期が早く、また実施していた期間も長い。アメリカの優生政策がむしろドイツに影響を与えたともいわれる。しかし、ナチスのようないわゆる「積極的駆逐」(=組織的殺害)は全くおこなっていない。1930年代終わりまでに優生学運動の盛り上がりは下行期を迎え、政治的な支持を失っていった。それでも1960年代に断種の実施数においてピークを迎えるなど、第二次世界大戦後も政策は継続された。
 アメリカ断種法
 1907年、インディアナ州で世界初の断種法が制定されて以降、1923年までに全米32州で制定され、計12,000件の断種手術が行われた。カリフォルニア州などでは梅毒患者、性犯罪者も対象となった。また、連邦最高裁判所は1927年、バージニア州が「不適格者」と見做された人間に断種を行うことが可能としたバック対ベル裁判(英語版)に関して裁決を下した。当時、米国において優生法のもと6万4千人が強制的に断種手術を受けさせられた。アメリカではその後も20世紀の大半の期間に渡って、知的障害者に対する断種が行われた。
 優生記録所(1910)
 1898年、米国の著名な生物学者であるチャールズ・B・ダベンポートはコールド・スプリング・ハーバー生物学研究所所長として植物と動物の進化に関する研究を開始した。
 1904年、ダベンポートは実験的進化を目的とした研究所の創設のためにカーネギー財団から資金援助を受け、カーネギー研究所のなかに実験進化研究所を設立した。1910年に同研究所の付属施設として優生記録所(英語版)が開設され、ダベンポートとハリー・H・ラフリン(英語版)は優生学の普及を開始した。
 翌1911年の著作『人種改良学』はアメリ優生学史上に残る仕事であり、大学教科書として使用された。翌年ダベンポートは米国科学アカデミーの会員に選出された。
 「優生記録所」は数年間に渡って膨大な量の家系図を収集し、不適者達の存在は経済的かつ社会的に劣悪な背景が遠因となっていると結論付けた。ダベンポートや心理学者のヘンリー・H・ゴダード(英語版)、自然保護論者のマディソン・グラント(英語版)などの優生学の信奉者達は、「不適格者」の問題への解決について様々なロビー活動の展開を開始した。ダベンポートは最優先事項として移民制限と断種に賛意を表した。ゴダードは自著『カリカック家』(1912年)において人種隔離を主張し、グラントはこれら全てのアイデアに賛意を表し、かつ絶滅計画も示唆していた。
 ダベンポートは、1929年の著作『ジャマイカにおける混血』において、黒人と白人の間で生まれた混血の子供は生物学的にも文化的にも劣っているという統計学的な証拠が示されたとした。これは今日では科学的人種差別と見なされ、また当時もトーマス・ハント・モーガンなどから批判された。さらにダベンポートは、ナチス・ドイツの研究所とつながりがあり、ドイツの2つの学術誌(1935年創刊)の編集委員や、1939年には劣等人種の隔離政策にかかわったオットー・レーヒェ(ドイツ語版)に対する記念論文集に寄稿している。
 ポパノウ報告書
 群を抜いて多数の強制的な断種手術が実施されたカリフォルニア州の断種手術に対し、生物学者ポール・ポパノウ(英語版)が好意的な報告書を出版した。この報告はナチスドイツにも影響を与えた。第二次世界大戦後、ニュルンベルク戦犯法廷に引き出されたナチスの行政官達は、米国の事例を引用することで、ナチス政権による大規模な断種計画(10年に満たない期間に45万人が手術を受けさせられた)は異常なことではなく、国際的には一般的であったとして、正当性を主張した。
 移民法(1924)
 1924年、アメリカで移民法(いわゆる排日移民法)が議会を通過した。このことは優生学者たちにとっては、東ヨーロッパと南ヨーロッパからやって来る「劣った血統」の脅威に関する議会の討論において専門職顧問として中心的な役割を果たす最初の機会であった。この新法は遺伝子プールを維持するための試みであり、既存の人種間の交配を禁ずる様々な法を強化したものであった。優生学的な考え方は米国の多くの州で導入されている近親姦を禁ずる様々な法律の背後に基礎を置くものであり、そしてそれは多くの白人と有色人種間の混血を禁ずる法律を正当化するために用いられた。
 スティーヴン・ジェイ・グールドらは、米国において1920年代に成立し1960年に大幅な改正を受けた移民制限が、自然の遺伝子プールから「劣った」人種を排除することを意図した優生学的目標によって動機付けられたものであったと主張している。20世紀初頭、米国とカナダは、南欧と東欧から膨大な量の移民を受け入れるようになった。ロスロップ・スタッダードやヘンリー・ラフリンの様な影響力を持った優生学者たちは、もしこの先移民が制限されないとするならば、国の遺伝子プールを汚染することになる劣等人種が国中に満ち溢れることになる、とする議論を立ち上げた。これらの議論によってカナダと米国は民族間の序列化を行う様々な法の立法化へと向かうことになった。
 これらの法律では最上位にアングロ・サクソンスカンジナビア人が位置付けられ、下に向かって事実上移民から完全に閉め出された日本人と中国人に至る格付けが行われた。
 他方、移民制限政策は多量の外国人の流入に対する国の文化的健全さを維持する欲求に動機付けられたものであるとする見解もある。
 アメリ優生学協会
 1926年にはハリー・クランプトン、ハリー・H・ローリン、マディソン・グラント、ヘンリー・フェアフィールド・オズボーンなどによって、アメリ優生学協会が創設された。1926年から1994年までの20世紀後半期の著名な会員には状況倫理の創始者のジョーゼフ・フレッチャー、P&G財団のクラレンス・ギャンブル博士、産児制限の提唱者で『共有地の悲劇』の著者のギャレット・ハーディンらが含まれる。
 産児制限
一般的に優生学の概念に同意しない立場においても優生学的立法は依然として公益性を有すると主張している人々が存在した一例として、米国産児制限協会創立者のマーガレット・サンガーは優生学に基づいて、産児制限(バース・コントロール)運動を展開した。当時優生学は科学的かつ進歩的な思想であり、人間の生命の領域に、産児に関して科学的な知見を応用するものであると多くの人々から理解されていた。第二次世界大戦の強制絶滅収容所以前、優生学がジェノサイドに繋がる恐れがあるとする考え方は真剣には受け取られなかった。

 ナチスドイツにおける優生政策
 ナチスドイツの最高指導者であったアドルフ・ヒトラー優生学の信奉者であり、「ドイツ民族、即ちアーリア系を世界で最優秀な民族にするため」に、「支障となるユダヤ人」の絶滅を企てた(ホロコースト)以外に、長身・金髪碧眼の結婚適齢期の男女を集めて強制的に結婚させ、「ドイツ民族の品種改良」を試みた。民族衛生の旗の下に実施された様々な優生計画を通して、純粋ゲルマン民族を維持する試みが行われた。つまり、強制断種と強制結婚を両用したのが、ナチスドイツである。
 1930年代、エルンスト・リューディンが優生学的な言説をナチスドイツの人種政策に融合させる試みを開始し始めた。

 イギリス優生学協会
 ゴルトンはイギリスで優生学教育協会を1907年に創設した。ゴルトンの死後、1912年には第一回国際優生学会議が開催された。

 その他ヨーロッパ諸国の優生政策
 優生法は、ほとんど全ての非カトリックの西ヨーロッパ諸国によっても採用された。
 ・1933年、ドイツにおいて、遺伝的かつ矯正不能アルコール依存症患者、性犯罪者、精神障害者、そして子孫に遺伝する治療不能の疾病に苦しむ患者に対する強制断種を可能とする法律が立法化された。
 ・スウェーデン政府は40年の間に優生計画の一環として6万2千人の「不適格者」に対する強制断種を実行している。
 ・同様にカナダ・オーストラリア・ノルウェーフィンランドデンマークエストニア・スイス・アイスランドで政府が知的障害者であると認定した人々に対して強制断種が行われた。カナダとスウェーデンにおいては、1970年代に至るまで、他の医療行為と同様に精神障害者に対する強制断種を含む大規模な優生学プログラムが実行され続けた。スイスでは、精神病患者などの強制的な堕胎、不妊手術が1981年まで続いた。
   ・   ・   ・   


   ・   ・   ・   

アメリカニズムと「人種」

アメリカニズムと「人種」

  • 発売日: 2005/08/10
  • メディア: 単行本
人種戦争という寓話―黄禍論とアジア主義―

人種戦争という寓話―黄禍論とアジア主義―

  • 作者:廣部 泉
  • 発売日: 2017/01/10
  • メディア: 単行本
NO‐NO BOY 日系人強制収容と闘った父の記録

NO‐NO BOY 日系人強制収容と闘った父の記録

黒人史講義―アメリカもう一つの原点

黒人史講義―アメリカもう一つの原点