💠30」31」─1─イギリス下院議員刺殺はテロ。イスラム過激主義と関連か。〜No.111No.112No.113No.114No.115No.116 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 2021年10月16日10:51 MicrosoftNews 毎日新聞「英下院議員刺殺 捜査当局はテロと断定、イスラム過激主義と関連か
 © 毎日新聞 提供 刺殺されたデービッド・エイメス英下院議員=AP
 英南東部エセックス州リーオンシーの教会で15日、有権者との意見交換会に出席していたデービッド・エイメス英下院議員(69)=保守党=が、男に刃物で複数回刺され、死亡した。地元警察は、現場にいた男を殺人容疑で逮捕。凶器とみられる刃物も押収した。
 容疑者は25歳。ロンドン警視庁は16日、犯行をテロと断定したと発表したうえで、共犯者はなく、イスラム過激主義と関連する疑いがあることにも言及している。英紙デーリー・テレグラフ(電子版)などは容疑者をソマリア系と報じている。
 エイメス氏は1983年に初当選したベテラン議員。保守派でブレグジット(英国の欧州連合EU=離脱)の推進派だった。超党派の英議員らで構成する英日議員連盟の副議長を務めたこともある。
 英国では、ブレグジットを巡る国民投票直前の2016年6月、EU残留派で寛容な移民政策を支持する労働党の女性下院議員、ジョー・コックス氏(当時41歳)が、極右思想や白人至上主義に感化された男に殺害される事件が発生。5年間で2度目となる下院議員殺害の衝撃は大きく、英メディアは大々的に報道している。
 ジョンソン首相は15日、「我々の心はショックと悲しみでいっぱいだ。政界で最も親切で、素晴らしく、優しい人の一人だった」とエイメス氏を悼んだ。【ロンドン服部正法】
   ・   ・   ・   
 10月16日11:04 MicrosoftNews 読売新聞「テロと断定、「イスラム過激主義」に絡む動機か…英議員刺殺で男逮捕
 【ロンドン=池田慶太】英イングランド東部のエセックスで15日昼、地元選挙区の教会で有権者との対話集会を開いていたデビッド・エイメス下院議員(69)がナイフで複数回刺されて死亡した。警察は現場にいた英国人の男(25)を殺人容疑で逮捕し、テロ事件として捜査を始めた。
 ロンドン警視庁は16日、犯行には「イスラム過激主義に関連する潜在的な動機」があり、テロ事件と断定したと発表。英BBCは男がソマリア系だと報じた。単独犯とみられる。
 与党・保守党所属のエイメス氏は1983年に初当選したベテラン議員で、同性婚や人工妊娠中絶に反対していた。
 英国では2016年6月、EU(欧州連合)離脱を問う国民投票の直前に、残留を主張する労働党の女性下院議員ジョー・コックスさん(当時41歳)が極右の男に殺害される事件が起きている。」
   ・   ・   ・   
 10月16日11:12 産経新聞「英下院議員刺殺、警察「テロ」と断定 イスラム過激主義と関連
 デービッド・アメス英下院議員(AP=共同)
 【ロンドン=板東和正】英与党・保守党のデービッド・エイメス下院議員(69)が15日、英南東部リー・オン・シーの教会で男に刃物で複数回刺されて死亡した。英警察は現場にいた25歳の男を殺人容疑で逮捕し、その上で「テロ」と断定したと16日未明に発表した。初期捜査の結果、イスラム過激主義と関連する動機があった可能性が判明したという。
 現職議員がテロの犠牲になったことで、国内では衝撃が広がり、民主主義への攻撃と非難されている。
 英BBC放送などによると、現場はエイメス氏の地元選挙区にある教会。エイメス氏は毎月第1、第3金曜日に地元有権者らとの集会を定期的に開いていた。
 15日正午(日本時間同日午後8時)ごろ、教会に入ってきた男が、有権者と面会中だったエイメス氏を突然、刺した。単独犯とみられ、男が10回以上もエイメス氏を刺したとの情報もある。駆けつけた救急隊員がその場で治療したが、エイメス氏の死亡が確認された。
 英紙タイムズ(電子版)は16日、警察が男をソマリア系のイスラム教徒とみていると報じた。同紙などによると、警察の対テロ部門が男を取り調べている。
 事件を受け、ジョンソン首相は自身のツイッターで「(エイメス氏は)政界で最も親切で素晴らしく、優しい人物の一人だった」とたたえ「われわれの心はショックと悲しみで一杯だ」と死を悼んだ。
 エイメス氏は、サッチャー政権下の1983年に初当選したベテラン議員。中絶反対や動物福祉の分野で政治活動に力を入れていた。英国が2016年の国民投票で決めた欧州連合(EU)離脱を、ジョンソン氏らとともに推進した。
 英国では16年にも中部リーズ近郊で、EU残留を訴えていた野党労働党の下院女性議員、ジョー・コックス氏=当時(41)=が男に銃で撃たれて死亡する事件が起きた。男は極右思想に感化されていたとみられ、殺人などの罪で終身刑の判決を言い渡されている。
 今回のエイメス氏の殺害を受け、コックス氏の夫だったブレンダン・コックスさんはツイッターで、「選挙で選ばれた議員への攻撃は、民主主義そのものを攻撃することと同じだ」と批判した。」
   ・   ・   ・  
 10月17日 MicrosoftNews 毎日新聞「下院議員刺殺、英国に衝撃 5年前にも同様の事件…狙われる対面の場
 © 毎日新聞 提供 エイメス氏が刺殺された教会付近に花を手向ける人々=英南東部リーオンシーで2021年10月16日、服部正法撮影
 英与党・保守党のベテラン下院議員、デービッド・エイメス氏(69)が15日、地元の対話集会の場で刺殺されたテロ事件に衝撃が広がっている。英国では2016年にも野党・労働党の女性下院議員、ジョー・コックス氏(当時41歳)が地元で殺害されており、選挙区で活動中の議員が5年で2度も犠牲になる異常事態となっている。パテル内相は警察当局に対し、下院議員の安全対策について緊急点検するよう指示した。
 英メディアによると、エイメス氏殺害について英警察は15日、ソマリア系英国人のアリ・ハルビ・アリ容疑者(25)を殺人容疑で逮捕した。アリ容疑者は英情報機関の監視対象ではなかったが、ソマリアイスラム過激派アルシャバブに感化された可能性も指摘されており、警察は過激主義との関係についても調べを進めるとみられる。過激化が懸念される人らに対して英政府が進める「脱過激化プログラム」の対象者にアリ容疑者が含まれていた可能性もあるという。
 エイメス氏は選挙区の英南東部エセックス州リーオンシーの教会で、有権者との意見交換会を開いていたところを刃物で複数回刺され死亡した。
 記者は19年10月、エイメス氏に単独取材する機会があった。エイメス氏は欧州連合EU)からの離脱派。当時はEU離脱を巡って議会が膠着(こうちゃく)状態に陥っていたが、穏やかな口調ながらも離脱を断固求める姿勢が印象的だった。保守派のエイメス氏は人工妊娠中絶に反対の立場で、動物愛護に熱心な姿勢でも知られていた。
 英国では16年、寛容な移民政策を支持するコックス議員が極右思想に感化された男に銃や刃物で殺害される事件が発生。今回のエイメス氏と同様、地元有権者と直接面会する機会が狙われた形だった。BBC放送によると、議員は議会内では警察による特別の保護下に置かれるが、選挙区では議会内と同じ保護は受けられないという。
 英紙フィナンシャル・タイムズは16日、16~20年に英下院議員に対する犯罪の報告件数が678件あったと伝えた。NGO「デジタル憎悪対策センター」のイムラン・アフメド最高責任者は同紙に「政治家に向けられる言葉や態度が劣化した。1世代前には容認されなかったことが当たり前になっている」と指摘した。
 実際、英議会でEU離脱派と残留派が舌戦を繰り返した19年9月には「裏切り」「詐欺師」「(首相を)投獄しろ」など激しい言葉が議会内外で飛び交った。女性議員や人種的マイノリティーの議員らが特に脅迫めいた言動の対象になるとされ、安全を懸念する声も上がっていた。英国国教会大主教、主教計118人が当時、こうした議会内外での激しい言葉遣いについて「容認できない」と訴え、冷静になるよう促す声明を出したこともあった。
 悲しみの現地「素晴らしい議員だった」
 事件現場には15日以降、エイメス氏の死を悼む多くの人々が訪れている。花を手向けた女性のクリスティーナ・アルバートさん(71)は「素晴らしい議員。地域のためにベストを尽くしてくれた」と振り返った。民主主義に対する脅威を感じるかと問うと「容疑者の動機がまだ分からない。今の段階で答えるのは早すぎる」と述べた。エイメス氏の知人という男性(70)は「彼は人々のための議員だった。閣僚入りなどの欲は持たず、地域コミュニティーに仕え、さまざまな慈善活動を支えた。本当に悲しい」と声を詰まらせた。
 16日朝にはジョンソン首相、野党第1党・労働党のスターマー党首、パテル内相、ホイル下院議長らがそろって現場を訪れ、追悼の花をささげた。【リーオンシー服部正法】」
   ・   ・   ・