✰258」259」─1─核禁条約に署名しない国々。スイス。~No.688No.689No.690No.691 @     

   ・   ・   ・   
 プロフィールに、6つのブログを立ち上げる。 ↗ 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・ 
 永世中立国スイスの徴兵制。
 永世中立国スイスは、集団的自衛権を持っていても行使せず、敵国から侵略されたら国民皆兵として、国土を焦土と化し国民が全員戦死しようとも一国だけで戦う事を全ての国民が覚悟している。
 スイスは、国民主権主権在民として、国民の責任と義務から徴兵制を採用している。
 スイス人は、戦争を行う勇気のある国民である。
 国際社会の中で、集団的自衛権憲法で禁止している国は日本のみである。
 世界史の常識として、中立国といえど武器を持って戦わなければ中立は保障さねない。
 日本はスイスの様な中立国になるべきだと訴える現代日本反戦平和市民団体は、歴史が理解できない者達である。
   ・   ・   ・   
 自国は自国民が武器を取ち戦争をし守るのが、世界の常識である。
 主権在民国民主権とは、そういう意味である。
 戦わない者には、主権を持つ資格はないし、自由も人権もない。
   ・   ・   ・   
 2108年8月16日 産経ニュース「スイス、核禁条約署名せず 安保政
策のリスクと判断
 スイス政府は15日、核兵器禁止条約に現時点では署名しない方針を決定したと発表した。現在の国際情勢下での条約加盟は安全保障政策上のリスクになると判断した。下院は6月に政府に速やかに禁止条約に署名と批准手続きを行うよう求める動議を採択していた。
 スイスは昨年、国連本部で行われた禁止条約制定交渉に参加、採択にも賛成した。しかし政府内で条約に関して検討を進めた結果、加盟は軍縮外交や安保政策上のリスクを伴うとの結論に達した。ただし今後の状況次第で立場を再検討することもあるとした。
 スイスは武装中立国で、北大西洋条約機構NATO)には非加盟。第2次大戦後は核兵器保有を検討したこともある。(共同)」


   ・   ・   ・