🌄55』─14─中国共産党政府は大陸棚を沖縄トラフ付近まで延ばして沖縄を自国領と主張している。~No.161No.162  

   ・   ・   ・   
 プロフィールに、6つのブログを立ち上げる。 ↗ 
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・  
 中国共産党・中国軍は、陸上だけでなく海底まで、日本領土を蚕食していく。
   ・   ・   ・   
 中国は孫子の国らしく、中国共産党が見せる微笑み外交は腹黒い。
   ・   ・   ・   
 2018年6月17日 産経ニュース「大陸棚バトル…海保「データ精度で負けられない」 中国は堆積物を新たな根拠に
 海上保安庁は大陸棚延長をめぐる中国の主張に対し、新たな測定機器の導入で対抗に乗り出した。日本政府は中国が繰り返す無許可海洋調査を警戒、海保には「海底地形のデータ精度では負けられない」との思いがある。ただ、中国側は自国の陸地から流れ込んだ堆積物を主張の補強材料にしようとする新たな動きも見せている。
 中国と韓国は2012(平成24)年、排他的経済水域EEZ)の基準となる地理的中間線を大幅に越えた、沖縄トラフ東側の日本の領海付近までを自国の大陸棚として設定するよう「国連大陸棚限界委員会」に延長を申請。国連海洋法条約に基づいて設置された同委員会が勧告すれば大陸棚延長が国際的に認められることになる。
 日本政府は「大陸棚延長の前段階である日本と中韓との海洋境界は画定していない」として反対の立場を表明。中韓の申請は同委員会で審査されない見通しだが、日本政府は両国の主張に対応するため科学的調査データを収集・整備する必要があるとしている。
 一方で、中国が沖縄トラフ周辺の日本のEEZ内で継続する無許可海洋調査は、このような現状を打開しようとする動きとされる。海保は平成25〜29年の5年間にEEZ内で中国の無許可調査を67件確認。30年に入っても4月に東シナ海で1件実施しており、25年以降で計4件だった韓国を大幅に上回っている。
 海保の巡視船は、中国の調査船が最近の調査で採泥器を海中に投入、30分に1回程度引き上げて海底の泥を採取していることを確認している。政府関係者らは資源探査目的に加え、泥の地質を分析して、中国大陸から東シナ海に注ぐ長江などの河川から流れ込んだ砂かどうかを調べているとの見方を強めている。
 大陸棚の延長をめぐって中国側はこれまで、沖縄トラフ付近で大陸から延びる地殻がマグマなどによって途切れていることを主張の根拠としてきた。「自国の砂が沖縄トラフ周辺まで流れ込んでいる」ことを新たな根拠とするため、調査を加速化させる恐れがあり、日本政府として予断を許さない状況が続いている。(川畑仁志)」

   ・   ・   ・